3次元測量

3dsurvey

3次元測量について

奥村設計事務所では、設計・施工計画から施工・維持管理に至るまでの各場面で3次元測量データを積極的に活用
しています。

これまでは3次元データを活用した測量・設計・施工計画やプレゼンテーション資料作成は時間と費用がかかる作業でした。しかし最新の3次元レーザースキャナーとGNSS(GPS)の利用したデータを活用すれば容易にかつ精度よく仕上がります。

FARO Focus3Dで点群データをとっておけば、パソコン上で必要な寸法は何度も確認できるので、再計測にいちいち現場に出掛ける必要はなく手戻りがありません。現況の点群データに3次元CADで作った新設の構造物のモデル追加することにより設計や施工計画に利用できます。

施工ステップ図なども3D化することによりその内容はとてもわかりやすくなります。完成予想図や走行シュミレーションを作成することもできます。

3次元測量のメリット

  • 地形・構造物の図面化が
    簡単に行える

  • 機械による自動計測のため
    計測忘れがない

  • 測定に梯子や作業車が
    不要なため経済的かつ安全

  • 供用中の道路測量での
    車線規制が不要

  • 軌道内の測量も
    時間制限なく実施可能

  • 崩壊斜面など、近づくことが
    危険な場所の測定が可能

  • 一度データを取得すれば
    机上での再計算が可能

  • 従来の測量よりも
    短時間かつ詳細な測量を実現


主な用途

現況地形や既設構造物形状を3次元座標データとしてデジタル化することで、CADデータへの変換が可能になり、CIMへの活用ができるようになります。

測 量

遠距離からの測量が可能なため、急斜面や崩壊地など、近づく事の危険な箇所の計測や、供用中の鉄道・道路での計測が可能。

3DレーザースキャナーとGPS測量を併せて行うことにより3次元データの座標管理が可能。

既設構造物のスキャンも、点群で表現できるため、計測ミスのないデータができます。


設計・施工
計画

地形が3次元化されているため、任意の断面での検討が可能。

既存架空線などの支障物を立体的に確認可能なため、施工計画の精度が向上

測量作業を行っていない地形や、図面のない構造物の図化

視覚的に解りやすいプレゼンテーションを行うことにより、関係者や住民への理解を促進


施工・
維持管理

土工施工前と施工後の地形を計測することにより、掘削・盛土量の算出に利用。

新規構造物の基礎形状や配筋状況の把握


Copyright © 2013 株式会社奥村設計事務所 All Rights Reserved.  www.om-s.co.jp