SERVICE 業務内容

CIM Construction Information Modeling

設計内容を3次元モデルに見える化し、事業の効率化と品質向上を実現

測量設計段階から3次元モデルを導入し、施工・維持管理などの各段階においても幅広く活用します。
あらゆるシミュレーションを3Dに「見える化」することで、一連の建設生産システムの効率化や品質向上を叶えることができます。

CIM イメージ

CIM活用範囲

正確な地形の把握

3次元測量により地形の座標・標高データを細部まで正確に計測した後、その測定した点群データ等を基に現地形を3D化・データ上で再現します。
これにより、立体的な地形把握をすることができます。

正確な地形の把握 イメージ

3Dモデリング

3D地形データを元に、細かく設計を行います。
作成した設計図面は3Dモデル化し、現況地形に重ね合わせることで、ご提案内容をより具体的にイメージいただけるようにします。

3Dモデリング イメージ

施工シミュレーション

設計した完成図に対して施工計画を策定していきます。施工計画は3Dデータでも用意。各段階の時間軸における施工状況の変化をシミュレーションすることで、立体的に施工状況を把握することができます。

施工シミュレーション イメージ

施工ステップ動画

干渉チェック

施工~完成までの各段階において、設計した構造物が周囲の生活環境や架空線、標識、添架物と干渉していないかをチェックします。
シミュレーション上でこれらの干渉が見つかった場合、速やかにフィードバックし設計・施工計画をみなおします。

干渉チェック イメージ

走行シミュレーション

使用ソフト
Autodesk : AEC Collection(9ライセンス)

導入効果

設計の「可視化」

設計段階において、3次元の構造物モデルを作成・可視化することで設計イメージの“ズレ”を大幅に削減することができるようになります。

導入メリット

  • 設計イメージの細部に至るまでの共有
  • 設計内容に関する意見集約(プレゼンテーション)
設計の「可視化」 イメージ

計画の「最適化」

構造物の施工の様子を3次元モデルでシミュレーションすることで、現実の諸問題を施工計画時点で確認・把握することができます。

導入メリット

  • 時間軸を加えた施工手順の最適化
  • 計画内容が周辺環境へ干渉していないかのチェック
計画の「最適化」 イメージ

その他活用シーン

3Dプリンタ模型

設計成果の複雑な形状を把握しやすくするために、3Dデータ作成から造形に至るまでサポートします。
<活用例>
プレゼンのための構造物の完成イメージ模型、発注者への詳細説明用の部分的な構造模型など

3Dプリンタ