CIM

Construction Information Modeling

CIMとは

CIM : Construction Information Modeling
CIMとは建設分野で広がっているBIMを土木分野にも広げ、ICTツールと3次元データモデルの導入・活用により、生産性向上を図る施策です。調査設計段階から3次元モデルを導入し、施工・維持管理の各段階での3次元モデルに連携・発展させることで、一連の建設生産システムの効率化や品質向上を目指しています。

 

CIMのメリット

ポイント1 設計の可視化

CIMでは3次元モデルの作成・活用を実施します。2次元図面と違い、3次元モデルはその内容をだれにでもわかりやすく表現できることが特徴です。計画・設計段階において、3次元の構造物モデルを作成・可視化することで、比較検討が容易になり設計ミスが削減できるほか、景観や環境のシミュレーションにより関係者間での迅速な合意形成につながります。

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • STEP4

施工前(現況)

施工前(現況)

旧橋撤去

旧橋撤去

上部工架設

上部工架設

完成後

完成後

映像にした場合

ポイント2 設計の最適化=整合性の確保 施工の効率化・商業化=情報化施工

施工段階では、設計モデルを利用し精密な施工モデルを作成します。3次元の配筋モデルによる干渉チェック、時間軸を加えた施工手順や安全確保検討の効率化、情報化施工用3Dデータの組み込みによる時間の効率化を図ります。
ポイント2 設計の最適化=整合性の確保 施工の効率化・商業化=情報化施工

Copyright © 2013 株式会社奥村設計事務所 All Rights Reserved.  www.om-s.co.jp